現代社会は、文明の発達と同時に食べ物も多種多様にあります。そして人間の健康生活に欠かすことのできない
 のが野菜です。いろいな野菜も安く市場に出回り食卓を賑わせますが、どのようにして生産されているのか一般消費
 者の方は不安を感じる事も多いと思います。
  野菜生産で経営する農家は、無農薬栽培されている生産者は極一部で、殆どは虫や病気を予防して質と量を求め
 て生産されます。もちろん農薬散布は、使用基準を守られていると思いますが、一般消費者にはとっては見えません。
  貴方の住宅の敷地の中に野菜作りの出来る土の空間があれば、又、土もない住宅の方は、ベランダでプランター等
 を使って野菜を作ってみませんか?野菜作りの知らない方でも、今はインターネットで殆どその方法を得ることができ
 ます。  さあ貴方も、家族で食べる野菜を自分で作ってみましょう。

モロヘイヤ ベランダで作ってみよう。プランター栽培〔ベランダ栽培編〕

TOP
畑・庭編


モロヘイヤを使った料理


種子のお求め




↑定植する前の苗






↑気温の高い夏は生育が盛んになり   ます。ハウス栽培はそのスピードは   数倍となります。








↑種子は育つ環境で違うが 平均7pほどで割ってみると 5等分に割れて中に沢山の 小さい種子が詰まっている





1.モロヘイアとは

 エジプトなどで古くから食べられている野菜で、
葉の部分を食用とし
 ています。 ミネラルが豊富でよく知れ渡っている人気野菜です。
 
2.栄養と効果
 モロヘイアの葉には、βカロチン・ビタミンB1・B2・C・Eそしてカルシウム・鉄・カリウム等の豊富な栄養を含み、ガン・高血圧・動脈硬化・心臓病・貧血・便秘・アトピー皮膚炎・ぜんそく・ダイエットに効果があると言われています。

3.食べ方
 おひたし、和え物、油炒め、煮物、みそ汁に美味しくいただけます。
 又、湯がいて冷凍保存しておけば春夏秋冬いつでも食べられます。
 
   

4.ベランダでの栽培

  (1) 5〜6月にプランターか箱に湿らせた野菜の土又は腐葉土を入
  れ、床土を平らにした後、5p間隔に深さ2pほどの 蒔き溝をつけ
  て条蒔きにします。蒔いた後は土を薄くかぶせて軽く押さえてかん
  水します。(ポット植えでも結構です。)

  (2) ベランダは畑と違って場所が狭い関係で、蒔く種子の数は少な
  くても十分でが、余る程度蒔いた方が無難と思いま す。発芽したあ
  とに丈夫なものだけを残せばいいからです。

  (3) 芽が出てくるまではビニールや新聞紙などを被せて保温と乾燥
  防止をします。(プランターは土が乾燥し易いので 毎日観察して水
  を与えていきましょう。) 

  (4 )数日後に芽が出てきますので新聞紙を取りかん水します。
  ※気温の関係で発芽に1週間以上かかる場合もあります。適温は2
  5℃で、気象条件によって変わります

  (5) 少しずつ大きくなりますが、成長の悪いのは間引きます。発芽
  率は80%前後と思います。

  (6) 葉が2〜3枚ついた時にプランターに移植します。(引き続き使
  っていたプランターでも構いません)
  植え付けるプランターの土は、野菜の土又は腐葉土に赤玉土を
  1/3程度混ぜた方が良いと思います。プランターは 土の絶対量が
  足りませんのでよい土を使いましょう。 ホームセンター等に専用の
  「プランター。用の土」があればそれ を使った方が無難です。畑の
  土だけでは固まってきます。

  (7) 植え付けの間隔は、65pのプランターでは、1〜2ケ所ぐらい
  です。

  (8) 気温が高くなるに従って急に成長してきますので、プランターは
  かん水は毎日欠かしてはいけません。(根の周り  にビニールや新
  聞紙で覆っておくとかなり乾燥を防げます。)

  (9) 摘葉
   成熟した葉を順次摘葉して食べます。
   小さい若い葉を取りすぎると成長に影響します。

  (10) 支柱立て
  大きくなると倒れやすくなり、特にプランター栽培では不安定になり
  ますので収穫作業を容易にするためにも工夫し て支柱を立てまし
  ょう。

  (11) 高さが60〜70pになったら先端を切ります。切ると枝からの
  葉の成長が旺盛になります。

  (12) ベランダの排水溝に土等が流れて溜まりやすいので時々掃除
  をしましょう。

   (注意) 秋になると、種子(さや状に付き中に種子があ
          る)が付きますが、
その種子には、「ストロファン
          チジン」という毒性物質が含まれています
ので、
           人畜が食べないようにご注意ください。

  
              



戻る