茶品種「さきみどり」の特性             作成資料・データ = 宮崎県総合農業試験場
                          茶業支場育種科

   
         茶苗木販売ページ
1.「さきみどり」のセールスポイント
   (1)やや早生品種で「やぶきた」より2日程度早く、多収です。
   (2)香味が温和で、くせがなく扱いやすい。
   (3)クロロフィル含有量が「やぶきた」の1.5倍程度あり、色沢・水色が優れる。
 2.育成経過
   (1)育成地 宮崎県総合農業試験場茶業支場
             (農林水産省 茶育種指定試地)
   (2)交 配  1979年(昭和54年)
   (3)登 録  農林登録H9 茶農林47号
            種苗登録 H13
   (4)交配組合せ

 3.品種の特徴
   (1)形態的特性
    @樹 姿     : 中間型
    A株張り     : やや大
    B葉の形    : 楕円形(新葉・成葉とも)
    C葉の大きさ  : やや大
    D葉厚      : 中
    E葉の色    : 新葉−明るく鮮やかな緑
               成葉−淡緑
   (2)生態的特性
    @樹勢      : やや強
    A挿し木発根性: 良好
    B一番茶萌芽期: 「やぶきた」比 -2〜-3日
   (3)収量特性
     一番茶、二番茶とも多収で摘採芽の形質はやや芽
    重型。

 4.栽培・加工上の注意点

   (1)樹勢が強く、初期成育は旺盛です。中間型で株張り
     も良く、仕立ては容易です。
   (2)幼木時代には枝条の一部が横になびくことがありま
     すが、年数とともに目立たなくなります。
   (3)暖地では、「ゆたかみどり」あるいは「さえみどり」と
     「やぶきた」の中間に摘採できる品種として利用でき
     ます。
   (4)葉厚は「やぶきた」と同程度ですが、葉幅が広く葉
    面積が大きいので、摘採遅れには注意が必要です。
   (5)「やぶきた」に比べ、クロロフィル含有量が多く、茶
    粉末としての利用についても関心が持たれています。
     また、深蒸ししても色沢劣化が少ないと考えられます。
さきみどり」の 特性 と 画像
ご注文方法→ ショッピングフォーム FAX(FAX用紙印刷) 電話 0982-62-6002 携帯 090-6290-9952
お支払方法→ 代金引換 郵便振替 郵便口座入金 JA口座振込

  販売している茶苗については、使用目的にかかわらず種苗法により増殖が禁止されております。増殖を希望する場合には、事前
   に育成者(宮崎県総合農業試験場茶業支場 0983−27−0355)までお問合せください。

  本ホームページに使用されている茶品種の写真及びデータの著作権は、宮崎県総合農業試験場茶業支場に帰属しますので、使
   用を希望する場合には、同支場(0983−27−0355)までお問合せください。

茶品種の特性  新品種
みやまかおり
新品種
はるもえぎ
新品種
ゆめかおり
    
さきみどり

茶苗販売ページ                  TOP